天主堂の祈り

ゴンザ

BTV

宮崎県

作品解説

江戸時代。鹿児島から大阪へ向かう渡航船が嵐によりロシアのカムチャッカ半島へ漂着した。そこでコサック兵の襲撃を受け、17人いた乗組員のうち、生き残った のは11歳の少年ゴンザと35歳のソウザだけだった……。世界初の露日辞典を編纂し、ロシアと日本を結ぶ架け橋となった日本人青年ゴンザの波乱万丈な人生を辿る。

審査員選評

松平:非常に興味のあるネタで、露日辞典を初めて作ったという事実など驚きをもって知りました。真面目なつくりで、サンクトペテルブルグの海外ロケなどもあり非常に有機的だと感じました。「世界の人々と友情を交わそう」という局の企業理念そのものが体現された良い番組でした。