プラスチック汚染にみる海の未来

photo

The Mermaid’s Tears:Oceans of Plastic

字幕

海はいま急速に世界のゴミ捨て場と化している。海中には毎キロ、7万4千個ものプラスチックのかけらが含まれている。「プラスチックゴミのスープ」と化した海は、毎年何百何千もの動物の命を奪い、食物連鎖にも少しずつ浸出し始めている。オランダでは、フルマカモメの減少をリサーチする科学者が、カモメの胃を検査したところ、95%の確率でプラスチックがみつかった。ドイツでは、プラスチックから滲み出た科学成分が動物の繁殖器官に影響を与えることが分かった一方、カルフォルニアの自然保護活動家は、ゴミを内蔵に詰まらせ、苦しみながら死んでいくクジラやイルカの数が急激な増加していると訴える。この「プラスチック汚染」がもたらす長期的な影響とは?我々は海を元の綺麗な状態に戻すことが出来るのだろうか?

放送スケジュール

サブタイトル 解説 放送日時

ページトップ