日本スペイン交流400周年記念番組 後援:スペイン大使館

8月3日(日)24:00〜25:00 8月22日(金)21:00〜22:00 8月26日(火)20:00〜21:00

放送日6月20日(金)23:00〜24:00 ※再放送日:6月21日(土)21:00〜22:00ほか

「スラムダンク」「バガボンド」の作者として知られる漫画家 井上雄彦は、スペイン・バルセロナを拠点に活動した建築家アントニ・ガウディの作品と足跡をたどる旅をした。井上は、ガウディの創造の源である自然に触れたことをきっかけに、自身が生まれ育った日本でも創造の源を探した。そこで出会ったのは式年遷宮を迎えた伊勢神宮だった。井上は、歴史や先人たちから承ったことを携え、再びスペインを訪れる。

ガウディの故郷の自然を身体全体に取り込み、ガウディゆかりの人々と出会い、対話する旅を続けた。「ガウディは何を信じて造り続けたのか」。井上雄彦とガウディの時空を超えたコラボレーションが始まる。

movie

放送情報はこちら

ヒストリーチャンネルとは?

  • image_1
  • image_2
  • image_3
  • image_4
  • image_5

番組放送記念リツイートキャンペーン!リツイートで『pepita 3冊セット』プレゼント!5名様

pr_image

キャンペーン期間:2014年6月6日(金)〜6月30日(月)

ヒストリーチャンネルオリジナル制作番組「井上雄彦 meets ガウディ」の放送を記念して対象ツイートをリツイートしてくれた方の中から抽選で5名様に『井上雄彦「pepita」シリーズ3冊セット』をプレゼントします。

終了いたしました。

再訪 井上雄彦 pepita3 2014年6月25日発行 価格:本体2800円+税 DVDブック+スケッチ集の2冊組み!

書籍「pepita」で、井上雄彦はガウディの足跡をたどり、“創造”の種(pepita)を探した
「承 井上雄彦 pepita2」では、“創造”の糧を日本の伝統行事である式年遷宮に求めた
本作「再訪 井上雄彦 pepita3」では、スペインの地で再びガウディと対話し、“創造”の源泉を見つけにいく

再訪 井上雄彦 pepita3

シリーズ第1弾の「pepita」で建築家・ガウディと時空を超えて出会った漫画家・井上雄彦は、創造の種を“発芽”させるため、再びスペインの土を踏んだ。ガウディが生まれ育ったカタルーニャを旅し、数多くのガウディ建築が遺るバルセロナに1カ月間に渡って滞在した。「ガウディは何を後世に引き継ぎたかったのか」――その思いを確かめるためにリウドームスの生家を訪ね、ガウディの血族に会い、ガウディが思考を深化させた修道院に足を運んだ。

本書は、井上雄彦のスペインでの取材の様子をまとめたDVDブックと、滞在したバルセロナで描き溜めたスケッチ集の2冊で構成する。日本スペイン交流400周年事業である「特別展 ガウディ×井上雄彦−シンクロする創造の源泉−」(7月12日から東京・六本木の森アーツセンターギャラリーで開催)に向けて、ガウディの意思を“身体に通して”咀嚼していく井上雄彦の“姿勢”にスポットを当てた。

商品構成

■DVDブック「再訪 井上雄彦 pepita3」
[BOOK] 著者バルセロナ滞在中の日記や写真、取材の様子/建築家・光嶋裕介氏との対談 など(96ページ)
[DVD1] カタルーニャ再探訪「井上雄彦Meetsガウディ」(約52分)
[DVD2] 特典映像集(インタビュー 井上雄彦 カタルーニャを再訪して /「対談 in Casa Milá」漫画家・井上雄彦×建築家・光嶋裕介 /「魅惑のガウディ建築」サグラダ・ファミリア散歩〜グエル公園の朝〜ミラ夫人〜カサ・バトリョに潜る(約62分)

■スケッチ集「Inoue Takehiko BOSQUEJOS」
バルセロナで描き溜めた自然、人、生活、街、建築などのスケッチ、計100点超を掲載 (160ページ)

著作者:井上雄彦
編集者:高津尚悟(日経BP社)
監督・脚本:ゴンサロ・ロブレド
発行:日経BP社
発売:日経BPマーケティング

ISBN978-4-8222-6088-0

「特集:日本・スペイン交流400周年」そのほかのラインナップ
ヒストリーチャンネルで井上雄彦meetsガウディを見るには

平日レギュラー

-->