人が薬物にハマる理由:マリファナ編

photo

HOOKED: ILLEGAL DRUGS: MARIJUANA

二ヶ国語

現代社会の視点からマリファナを追う。インド大麻は、縄や衣類、紙の原料として世界中で活用されてきた植物であり、4000年前の中国では薬用目的として利用されていた。アメリカ国内では、1937年にマリファナ課税法が施行されたのを機に市場から存在が消えた。当時、独自に行われた医療試験では、マリファナに中毒性は発見されたものの、危険ではないことが判明。しかし1970年の規制物質法では、マリファが依存性の高い、医療的メリットのない薬物と分類された。しかし、今日において再び医療目的での利用が注目されている。アメリカ国内の2つの州で娯楽目的の利用が合法化されたマリファナ。今もなお、議論の続くマリファナの姿を追う。

放送スケジュール

サブタイトル 解説 放送日時

ページトップ