放送スケジュール

世界の歴史の中で、突如として現れ忽然と消え去った最強の集団・・・ヴァイキング。

8世紀末、北欧スカンディナヴィア。ラグナル・ロズブロークは毎年の東国への略奪遠征に不満を募らせ、西への遠征を秘かに計画していたが、それを知った部族の首長ハラルドソンは快く思わず…。新天地への冒険、家族・仲間との絆、首長との対立などを通して「ヴァイキング」の本当の姿が浮かび上がる。 本作は、世界最大の歴史エンタテインメント専門ヒストリーチャンネル初の海外ドラマとして米国で2013年に放送され、初回プレミア放送の視聴者数が620万人(※)を記録。同年の全米ケーブルテレビシリーズ作品年間視聴者数トップ10(※)に入り大ヒットとなった。脚本・製作総指揮は、アカデミー賞やエミー賞受賞作品を手がけたマイケル・ハーストが務め、海の覇者としてヨーロッパ全土にその名を轟かせた最強集団「ヴァイキング」を鮮烈に描く。※米ニールセン調査より

STORY
8世紀末、北欧スカンディナヴィア。ラグナル・ロズブロークは、愛する妻のラゲルサや子供たちと共に小さな村で暮らしている。彼は、農業や漁業を営みながら、近隣諸国へ略奪に行くことで生計をたてていた“ヴァイキング”であった。毎年夏になると部族の首長ハラルドソンの指揮で東の国へ略奪遠征をしていたが、東の国はどこも貧しく、ラグナルは不満を抱いていた。 西には豊かな大国がある――そんな噂を耳にしたラグナルは未開の地への憧れを強く募らせていた。そんな折、彼は海上で方角をつかむための道具「太陽羅針盤」を手に入れて、ハラルドソンに西への出航を進言したが、彼はその意見に不快感を露わにした。 その頃、ラグナルの友人で船作りの名人・フロキは、西方への長い航海に耐えられる新しい船を造っていた。兄のロロも仲間に引き入れ、ついに出航の準備が整った。――さあ、帆を上げろ!北欧神話の主神オーディンに導かれるようにラグナルの航海が始まる。

■スタッフ
脚本・製作総指揮:マイケル・ハースト(『エリザベス』『THE TUDORS~背徳の王冠~』)
製作総指揮:モーガン・オサリバン(『THE TUDORS~背徳の王冠~』)、ジョン・ウェバー(『ボルジア家愛と欲望の教皇一族』『THE TUDORS~背徳の王冠~』)ほか

TOP

PAGE TOP